絶対に効果あり!おすすめペニス増大サプリ

男性の悩みの中でも『チンコの大きさ』は永遠のテーマです!

例えば多くの男性が下記のような悩みを抱えています。
『短小ペニスが原因で大浴場等でも前を隠してしまう』
『自分のペニスじゃ女性を満足させられないと不安』

これらは強いコンプレックスになってしまっているという事です。
特に女性に対して劣等感でアプローチすら出来ずにいる状態は非常に悲しい事です。

そんな短小ペニスに有効でぜひオススメしたいのが『ペニス増大サプリ』です。
増大サプリは根本からの改善を目指し、副作用の心配も無い為非常に期待値の高い商品。

しかしここで不安になるのが
『本当に増大サプリなんて効くのか?』
『どの増大サプリを買えば良いのかわからない…』
このような事ですね。

確かに増大サプリは怪しい商品もたくさんありますし、不安になる気持ちもわかります。

更に数多くの商品が販売されているので、どの増大サプリを選べば良いかわからないのも当然の事と言えます。

こちらのページではそんな不安を解消すべく、
『ペニス増大サプリの正しい選び方』
『本当の効果』について解説していきます。

短小ペニスをどうにかしたい人は必見の内容になっています。

たった少しの努力でこの先のQOL(人生の質)が大きく変わりますよ!
ぜひご覧ください。

増大サプリでチンコは本当に大きくなる?その効果の根拠を解説

ペニス増大サプリについて
『飲んだだけで本当に増大出来るの?』と疑問に思っている人も多いでしょう。
実は私もそうでした。

実際に飲んで増大に成功した体験からは、自信を持って増大出来る!と言えるのですが、体験していない人に効果を伝えるのはなかなか難しいです。

ですが、増大サプリによって増大出来るという医学的な根拠もあるのです。
理論派の人はこのような根拠を確認してみると良いかもしれませんね。

そんな増大サプリで増大が実現出来る根拠を紹介していきますね。

まず、下記は紹介ページの引用部分ですが、勃起のメカニズムについて述べられています。病院の情報ページです。

勃起が起こるためには、神経や血管が正常に働き、また勃起に関わるさまざまな物質が放出されなくてはいけません。
<中略>
男性が性的刺激を受けると、まず脳の中枢神経が興奮し、その情報が脊髄神経を通って陰茎へと伝わります。すると体内では一酸化窒素が放出され、これが勃起のGOサインとなります。
一酸化窒素が放出されると、勃起にもっとも関わる「陰茎深動脈」という血管と、バルブのような役割を果たしている「ラセン動脈(螺行(らこう)動脈)」がゆるみ始めます。
さらに海綿体の平滑筋も弛緩することによって、多量の血液を受け入れる準備が整います。そして一気に海綿体へと血が流れ込み、無数の糸のような血管に血液が流れ込み、血液の圧力によって、海綿体は硬くなります。これが勃起という現象です。
<引用:勃起の仕組み|EDとは

海綿体組織はスポンジ状で出来た細胞の集まりで、無数の毛細血管が張り巡らされています。

血管内の一酸化窒素の放出により毛細血管の血流が促進され、その結果ペニスの海綿体組織にも大量の血液が集まるようになり勃起が成立するのです。

ペニスを大きくするのには『海綿体組織への血液量の増大』が必要不可欠です。

その為には『一酸化窒素』の産生が不可欠。
更に言うと放出する一酸化窒素の量が増えれば更にペニスの海綿体組織に集まる血液の総量を増やす事が出来ますね。

実はペニス増大サプリの主成分である『シトルリン』や『アルギニン』には、この一酸化窒素の産生を促す効果が医学的にも認められているのです。

ちなみにシトルリンは以前に医薬品として使われていた実績のある成分です。

このような増大成分であるシトルリンやアルギニン以外にもペニス増大サプリには、
『男性ホルモンを増やす作用』
『成長ホルモンを増やす作用』
これらの作用が期待出来る強壮成分と呼ばれる成分がいくつも含まれています。

直接の増大効果の他にも、男性ホルモンからの増大や精力全般の底上げという多面的な効果が期待出来るのもペニス増大サプリの利点と言って良いでしょう。

ペニス増大サプリの主な成分をピックアップ

ペニス増大サプリには前述したような増大成分を含め様々な成分が含まれています。

増大サプリの商品によって、これらの配合成分は異なってきますが、おおむね多くの増大サプリに含まれている共通の成分というのもあります。

ここでは、そのようなよく使われている成分について取り上げていきます。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • 動物系成分
  • 植物系成分

それぞれ順番に解説していくのでご覧下さい。

シトルリン

シトルリンはペニス増大サプリで最もメジャーな成分と言っても良いでしょう。
ほとんどの増大サプリに含まれています。

遊離アミノ酸の一種で、効能としては前述したように血管内の一酸化窒素(NO)の産生を促します。

一酸化窒素の濃度が高まると血管が拡張されるという作用があるので、毛細血管の塊であるペニスの海綿体細胞により多くの血液が集まるようになり、ペニスの増大が見込めるというわけです。

シトルリンの摂取量ですが、
シトルリン研究会が1日の推奨摂取量を『800mg』としています。

シトルリンはある程度の過剰摂取も特に問題になりません。

ですからペニス増大サプリを選ぶ際には、1日分のシトルリン量が800mg以上の物を選んでいくと効果的です。

該当する増大サプリは少ないですが、1日分で1,000mgや1,200mg程度含まれている物を選んでいっても良いですね。

ただし『濃縮配合』と書かれている物は本当に配合されているのか疑問に思った方が良いです。

専門家によるとシトルリンの濃縮配合は技術的に認められていないからです。

ですから見せかけだけの配合量表記には充分に注意していきましょう。

アルギニン

アルギニンは非必須アミノ酸の一種です。

子供時代には体内で合成する能力が弱い為、必須アミノ酸に分類される事もある重要な栄養素の1つです。

子供の成長サプリ等での主成分になる事からもわかるように『成長ホルモン』の分泌促進効果が期待出来ます。

ペニスの海綿体細胞の成長には細胞単位での増殖が必要です。

その点から考えてもアルギニンは非常に有効だと言えます。

更に、シトルリンと同様に『血管内の一酸化窒素の産生を促す』作用も見込めます。

シトルリンと一緒に摂取する事での相乗効果も確認されているので、増大サプリ選びの際には、シトルリンだけではなくアルギニンの配合量もきちんとチェックしていきましょう。

アルギニンについての情報は下記のサイトも参考になります。
参考サイト:アルギニンって何だろう?|共同組合藤沢薬業協会

亜鉛

亜鉛は古くから海外では『セックスミネラル』とも呼ばれ男女共に不妊対策の為に愛飲されているほどです。

男女問わず性ホルモンの分泌促進を促す作用があります。

男性であれば男性ホルモンの分泌を増やすので性機能向上には欠かせないです。

一般に30歳を境に男性ホルモンの分泌量は減っていくばかりです。

亜鉛は日本人が不足しがちなミネラルの一種であり、夏場の発汗量が増える時期にも汗と一緒に流れてしまうので特に不足しがちです。

亜鉛が不足し男性ホルモンの分泌量が減少すると、勃起力の減退等のEDの症状が出る事があります。

ペニス増大とは真逆の状態というわけですね。

ペニス増大を実現する為には勃起力の強化、この場合のアプローチとしては男性ホルモンの分泌促進が鍵となります。

その点からも亜鉛の必要量の摂取は欠かせないのです。
ただし、亜鉛の場合は前述したシトルリン等と違い、過剰摂取は毒となります。

参考リンク:亜鉛の働きと1日の摂取量|健康長寿ネット

上記の参考リンクによると、成人男性の1日の亜鉛摂取推奨量は『10mg』とされています。
加えて、耐用上限量は『40~45mg』とされています。

つまり過剰摂取とはこの40~45mg以上の摂取を継続した場合です。

牡蠣100gで14.5mgの亜鉛が摂取出来る事になっています。大き目の牡蠣が1つ20gですから、それを5つ食べてしまうと亜鉛14.5mgを摂取した事になります。

摂取推奨量を守りつつ、耐用上限量には絶対に届かないようにしましょう。

多くのペニス増大サプリでは、過剰摂取によるデメリットをわかっているので、亜鉛の量は適正の1日分『10mg』程度に抑えている物が多いです。

増大サプリ+牡蠣等の亜鉛を含む食べ物を多く食べる時は注意が必要。

不安な時は牡蠣を食べる時には増大サプリを1日飲まない等の対策をしておくと良いです。

動物系成分

数が多いので動物系成分と一括にしてしまいましたが、ペニス増大サプリには古くから男性の夜の活力アップに効果があると言われる動物系の成分がふんだんに配合されています。

主な動物系成分として『マムシ』『スッポン』『牡蠣』『オットセイの角』『馬睾丸』等が挙げられます。
これらは精力ドリンク等でも知られている成分ですね。

増大サプリによっては数十種類の動物系成分を含んだ商品もあります。

より多くの成分を含んだ物の方が高い効果を見込めるので購入前にチェックしておくと良いですね。

植物系成分

こちらもまとめて植物系成分としました。

現在流通している多くのペニス増大サプリでは動物系成分よりも植物系成分の種類の方が多く配合されている傾向にありますね。

具体的な植物の例を挙げていくと『マカ』『山芋』『アカガウクルア』『クラチャイダム』『スピルリナ』『イチョウ葉』『トンカットアリ』『モリンガ』等です。

マカは特に強壮成分としても有名ですし、その他の成分も名前くらいは聞いた事のある人もいるのではないでしょうか。

増大サプリによっては植物系成分を100種類以上含んだ構成になっている物もありますよ。

動物系成分の項目でも述べましたが、植物系成分も数多くの成分が含まれている方がペニス増大や精力全般の底上げに効果的です。

失敗しないペニス増大サプリ選び3つのチェックポイント

冒頭でも述べましたが現在様々な商品のペニス増大サプリが販売されています。

実は注意点があります!
それは、これだけ様々な商品が出回っていると粗悪な商品もかなりの割合で出回っているという事です。

特に『初めてペニス増大サプリを試してみようとしている人』にとっては、ネット広告等を経由してそうした粗悪品を掴まされてしまいがちです。

判断基準が何も無い状態だとしょうがない部分もありますね。

ここでは、そんな『失敗リスク』を無くする為に購入前にチェックすべきポイントを3つ紹介していきます。

  • 配合成分をチェック!
  • 安全性をチェック!
  • 続けやすい価格かコスパをチェック

それぞれ順番に解説していきますね。

配合成分をチェック!

ペニス増大サプリはたくさんの種類の成分が配合されています。

基本的には多くの種類の成分が含まれているのが理想的です。

しかし、初心者は特に何が含まれて良いのか?見分けがつかないでしょう。

そこでペニス増大サプリの主成分の特に大事な3つの成分に注目してみましょう。

3つの成分とは下記の『シトルリン』『アルギニン』『亜鉛』の事です。

それぞれの成分の1日で摂取出来る目安の量を記載しています。

  • シトルリン:800mg以上
  • アルギニン:400mg以上
  • 亜鉛:10mg~12mg

これらの成分が上記のように1日分で摂取出来ればペニス増大サプリとして、かなり良質であり合格点と考えて良いでしょう。

シトルリン、アルギニン共に血流促進の作用がありますし、最も注目すべき『増大成分』です。

これだけの量が両方とも含まれている増大サプリは少ないので、選択肢の幅が狭められます。

亜鉛に関しては『男性ホルモンの分泌促進』効果が期待出来るので精力全般の底上げが出来ますよ。

ただし、前述もしましたが亜鉛は過剰摂取が問題になるので、1日分おおよそ10mgから最大でも12mg程度の配合量の物を選んでいきましょう。

これらの条件を満たした上で成分数の多い増大サプリを選ぶのが理想です。

更に、『ジオパワー』や『バイオペリン』『アミノシール』等の特許取得成分の物が含まれている増大サプリも狙い目です。

使用するのにコストが多くかかってしまうので、多くの増大サプリでは配合を断念しているほど希少です。

更にわざわざ特許成分を使っているという事は、こだわりが高い商品です。

後述する安全性にも気を使っている確率が高く、安心して飲めて高い効果も見込めるというわけですね。

安全性をチェック!

サプリのように経口する物は安全性に特に注意しなくてはなりません。

無料アダルト動画サイト等に掲載されている『怪しい増大サプリ広告』の商品にありがちですが、飲むと副作用を起こす物があります。

確かに飲んですぐに『ペニスがギンギンになった』等のように一見効果があるように思える物もあるのですが、実はコッソリ医薬品成分を配合している物もあるのです。

参考リンク:医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について|厚生労働省

シルデナフィルとはバイアグラのジェネリック薬の事で成分はバイアグラとほぼ同じです。

このような厚労省からの指摘でもわかる通り、医薬品成分が含まれている為副作用が起こる可能性があるというわけです。

しかもコッソリと配合しているので信頼性も無いですね。

安全性が高いサプリを選ぶという事はどうすれば良いのか?

その簡単な答えは『日本国内生産での増大サプリ』を選ぶ事です。

海外産の場合には、製造依頼元の日本のメーカーに悪気がなくても海外工場で医薬品成分を混入させてしまう事もあるからです。

その他にも完全に海外の企画で作られた増大サプリは日本人の体質に合っていない可能性も高いです。

以上の事から日本国内で作られた増大サプリを選んでいく事が安全性の面からも適切な効果効能の面からも妥当だと言えるでしょう。

続けやすい価格かコスパをチェック

ペニス増大サプリはすぐには効果が出ません。前述したように医薬品成分は含まれていないのが基本だからです。

ですからある程度の期間継続して服用しなくてはなりません。

その継続の為にネックになってくるのが価格ですね。

いくら高品質の増大サプリでも1ヶ月程度続けただけでは、無駄になってしまう事が多々あります。

それよりは中価格で続けやすい物を選び半年程度継続した方がほとんどの場合に増大効果が見込めますよ。

とは言えドラッグストア等で販売しているマカ単体サプリのように1ヶ月分1,000円前後の物は増大サプリとしては効果が弱いです。

そこにはやはり価格ときちんと効果が出るバランスが大事になってくるのです。

つまりコストパフォーマンスが良いか?というわけですね。

現在通販で購入出来る人気の増大サプリの価格帯は『10,000円~13,000円』前後の物が多いです。

いくつもの増大サプリを試してきた管理人の感覚からもこのくらいの価格帯の物が最も価格と効果のバランス=コスパが良いと言えます。

それでも『まだ少し高い!もっと手軽に続けたいなぁ』と考えるあなた!
大丈夫。私も同じ考えです。

実は増大サプリの商品の多くには、まとめ買いや定期購入で1箱分(1ヶ月分)あたりの価格を下げる事が出来ます。

他にも3箱購入で+1箱無料でプレゼント等のようなキャンペーンをおこなっている商品もあります。

物やキャンペーン内容にもよりますが、1箱分8,000円代になる事もありますよ。
キャンペーンは不定期だったりもするので、見つけた時はチャンスです。

最低3ヶ月、半年は継続するのが理想的ですので、予算に無理がない程度にまとめ買いしておくと良いでしょう。

■ペニス増大サプリの選び方チェックポイントまとめ

  • シトルリン800mg、アルギニン400mg以上、亜鉛は10mg前後の物を選ぶ
  • 成分の種類が豊富な増大サプリを選ぶ、特許成分配合は尚良し
  • 安全性を重視し日本国内生産の物を選ぶ
  • コスパが良い物を選ぶ。まとめ買いを活用

*量は増大サプリ1日分の摂取推奨目安

ペニス増大サプリの口コミ評価を収集!気になる本当の評判をチェック

ペニス増大サプリの効果ですが、当サイト管理人である私は自信を持って増大の効果を実感したと言えます。

また、私が依頼したモニターで増大サプリを数ヶ月飲んでもらった人の評価も全員には当てはまりませんがおおむね良好です。

ただし、これはあくまで私と私の周りの人の意見。

ここではネットでペニス増大サプリの評価をしている口コミ情報を収集したのをまとめて掲載していきます。

『良い口コミ評価』と
『悪い口コミ評価』に2分してみました。
収集先は主にツイッターです。情報は随時更新していく予定です。

生の声を聞いて実際にペニス増大サプリを購入する際の参考にしてみて下さい。

良い口コミ評価

増大サプリを飲んで勃起力が高まったという意見が多いですね。

服用をやめると勃起力が衰えている感じになるというのは、裏を返すとそれだけ効果があったという事なんでしょう。

私もそうでしたが、朝勃ちするかしないかは、勃起力が高まっているか?そうじゃないか?のバロメーターになりますね。

悪い口コミ評価

増大サプリには効果が無いと断言している人、太くはなったが長さ?はアップ出来なかった人と様々ですね。

薬ではなく、健康食品なので効果の出具合にはやはり個人差があるようです。

ペニス増大サプリの大きなデメリットの1つが“飲んでみなければ効果があるのかわからない”事です。

こればかりは商品の特性上と効果の出具合には個人差があるのでしょうがありません。

そうした事も考慮し、一部のペニス増大サプリでは『返金保障制度』を採用している商品があります。

簡単に説明すると指定された期間(多くの商品で30日~40日程度)の間に返品すると増大サプリの費用を返金してくれるサービスです。

40日間の指定ならば30日の間に毎日飲んで効果の有無や飲みやすさ等をジャッジしてから返金して貰うかどうか判断出来るのです。

これは一部のサプリの通販で取り入れられている画期的なサービスです。

上手に使っていけば、初めて試してみる商品であれば金銭的なリスクをほぼ0にしてチャレンジする事が出来るのです。

色んな増大サプリを試してみたい!
という人には特にオススメですよ。

チンコが小さいと本当に嫌われる!

ペニスが小さいと本当に女性に嫌われます。

口では『そんな事は無いよ』と言ってくれる女性も多いですが実際の本音ではやはり嫌われるか、そこまでいかなくても好意的に思われる事はないようです。

その理由は直接セックスで気持ち良くないからという理由が大きいように思えますが、それだけではありません。

ここではチンコが小さいと嫌われるよくある理由について解説していきます。
その理由は下記の3つ

  • セックスで快感が足りない
  • コンプレックスを持っているのが伝わる
  • 男らしさに欠ける

セックスで快感が足りない

女性の膣の中には性感帯が存在します。
結論から言うとチンコが小さいとその性感帯を充分に刺激する事が難しいのです。

性感帯は大きく分けると『ポルチオ』と『Gスポット』ですね。

ポルチオは膣の奥側にあるのでチンコがある程度以上長くないと充分に届きません。

Gスポットは膣の入り口すぐの上部に位置しますが、ペニスの特に亀頭部分が太くしっかりしていないと充分な圧力をもって刺激出来ません。

以上の事から短小ペニスは女性にセックスでの快感を与える事が難しいというわけです。

もちろん体位の工夫等でもこれらを克服する事は可能ですが、なかなか現実的に厳しいと言わざるを得ません。

コンプレックスを持っているのが伝わる

短小ペニスの人は思春期くらいからコンプレックスを持っているケースが多いです。

大人になってからでもそのコンプレックスは引きずっており、自分に自信を持てない!という人は想像以上に多くいます。

確かにいざ女性と良い感じになってベッドイン…
その後に短小ペニスを見られて『あっ…』という感想を持たれた男性も多いでしょう。

『小さい…』と直接言われた人もいるかもしれません。

そうした事がトラウマになり、その後に出会った女性に対して自分からアプローチ出来なくなったという話しもよく聞きますね。

女性は敏感でそのような自信の無さはすぐに見抜きます。

もちろん諦めなくても大丈夫です。
このトラウマはチンコを大きく出来れば克服する事が出来ますよ。

男らしさに欠ける

これは前述したように男性の内面の話しではなく、女性側からのイメージの話しです。

男性が女性の胸の大きさを見て性的興奮を高めるのと同じように、セックスの時に男性のシンボルであるペニスが大きいと女性も興奮します。

女性は男性よりも性的興奮と感情が強くリンクします。

つまり『男らしくたくましい』という感情が性的な興奮や感度を高めて気持ち良いセックスが出来るのです。

逆に小さいペニスだとこの興奮が起きなく、男らしさに欠けるという認識を持たれてしまい肝心のセックスでも受けが悪いです。

こちらも単純に視覚の問題だけなので、太くて長いペニスを手にいれられれば解決する事案です。

増大サプリで実現!平均サイズ以上のペニスを目指そう

まず日本人の平均サイズについて見ていきましょう。

有名オナホメーカーが50万人のサンプルから抽出した平均データがコレです。

  • ペニスの長さ:13.56センチ
  • 亀頭の直径:3.53センチ
  • 竿の直径:3.19センチ

参考リンク:TENGA公式サイト

オナホメーカーが社運を賭けて収集したデータですから他のどのデータよりも参考になると思います。

そして短小ペニスでお悩みの人は、まずこの平均サイズを目指しましょう。

13センチというと、わかりやすい身近な物との比較では缶ジュースの250ml缶の高さとほぼ同じです。

平均サイズまであれば、女性から短小ペニスというレッテルを貼られなくて済みます。

もちろん既に平均サイズを越えていても更なる高みを目指すのも推奨していますよ。

正しいペニスサイズの測り方をレクチャー

ペニスサイズですが、よく中学生くらいの時期に定規を当てて長さを測った人も多いかもしれませんね。

ただし、大人になってから測っている人は稀です。

また、長さにフォーカスが行きがちですが、太さ(亀頭と竿の直径)にも注目していきましょう。

ここではそんなペニスサイズの正しい測り方を解説します。

まず、用意する物は30センチ定規です。端から目盛りが付いている物が理想です。

以下は正しい長さの測り方

  1. ペニスの上に定規をあて端を根本部分の下腹部側に埋もれない程度につける
  2. 定規と平行になるようにペニスを整え測る
  3. 勃起時の場合も平常時の場合も同様に測ります

勃起時の場合にはきちんとフル勃起になっているのを確認してから定規をあてると良いでしょう。

竿の直径と亀頭の直径はフル勃起時の寸法しか必要ではありません。

きちんとフル勃起させた後に、定規をペニスに対して垂直に当て測っていきましょう。

注意点は硬い定規を使うのでペニスが傷付いてしまう恐れがある事です。

あまり乱雑に測るような事はせず、適度な力加減でおこないましょう。

ペニス周囲を測るのでなければメジャーよりも定規が正しく測れるのでオススメですよ。

増大サプリ以外でペニスを大きくする5つの方法

今までペニス増大サプリについて詳しく解説していきましたが、ここでは増大サプリ以外の方法でペニスを大きくする方法を5つ紹介していきます。

全て完全にオススメ出来る方法ではありません。

それぞれメリットとデメリットがあるからです。

自分の環境と体質に合わせて取り入れられる方法は試してみるのが良いです。

また、どれか1つだけ!というわけでもありませんので、例えばチントレとペニス増大クリームを併用しても構いませんし、ペニス増大サプリを飲みながらこれらの方法を併用していくのも良いです。

  • チンコトレーニング
  • ペニス増大クリーム
  • スクワットその他トレーニング
  • ペニス増大器具
  • ペニス増大手術

順番に概要を解説していきますので、よく理解し取り入れられる方法はぜひ試してみて下さい。

チンコトレーニング

チンコトレーニングとはチントレと略して使われる言葉でもありますが、チンコを大きくする為のトレーニングの総称です。

具体的な方法に関しては様々な手法がありますが、管理人である私自身が実際に挑戦して『コレは効果があるな!』と実感したのが下記の3つです。

  • ミルキング
  • ジェルキング
  • ペニス牽引法

共にチントレとしてはメジャーな手法でその業界では広く認知されています。

それぞれ順番に概要とやり方について解説していきます。

ミルキング

ミルキングはトレーニングの仕方が牛の乳搾りに似ていると表現される事から名前が付けられたチンコトレーニングの1つです。

ミルキングに関しては特別な道具も薬剤も一切必要とせず、自分の手だけでおこなえるというメリットがありますよ。

主に増大効果が見込めるのは亀頭とカリ部分の太さアップです。

この部分に向かってペニスの根本から血液を押し込んでいくんですね。

■具体的な手順

  1. ペニスをフル勃起させないで半勃起させた状態にする
  2. 両手の親指と人差し指で輪っかを作り片方の手でペニスの根本を握る
  3. もう片方の手の輪っかで2で握ったすぐ先を握る(親指が根本側)
  4. 3で握った手で中指、薬指、小指と順番に握っていく
  5. 4の手を離していく
  6. 3~5を繰り返し20回ほどおこなう

以上のを1セットとし、最初は目標1セットで。
慣れてきたら1日2セットくらいを目標としましょう。

意識は亀頭やカリ部分にペニスの血液を集めていく感覚です。

注意点は握る時の力加減です。
弱過ぎても効果は半減ですし、強くても細胞を傷付けてしまう恐れがあります。

筋肉を痛めつけるトレーニングでは無いので頻度は毎日おこなってもかまいません。

毎日継続が大変だという人は週に2~3回を目標としましょう。

ジェルキング

ジェルキングもミルキングと並んで超有名なチンコトレーニング方法です。

ジェルを必要とするので完全に自分の手だけで出来るトレーニングではありませんが、ジェル自体はドラッグストア等で販売しているペペローション等で構わないので費用としては安く済みます。

チンコだけに塗る物なので一度購入したら長く使えます。

ジェルキングは主にチンコの竿部分の増大効果が見込めますよ。
簡単に出来るトレーニングなのでぜひお試し下さい。

■具体的な手順

  1. ペニスを半勃起させながらローションを塗る(フル勃起させない)
  2. 両手の親指と人差し指で輪っかを作る
  3. 2で作った片方の手の輪っかでペニスの根本を握る(親指側が先端方向)
  4. もう片方の手の輪っかで3の先を握る(親指側が先端方向)
  5. 4の輪っかをゆっくり数秒かけて先端方向にスライドさせる
  6. 亀頭付近にまでスライドさせたら手を離す
  7. 4~5を繰り返し10回~20回ほどおこなう

ローションを使用するのでミルキングよりは力を入れてもそんなに問題はありません。
コツとしては5のスライドさせる時に少し力を入れる事です。

ジェルまたはローションを使用する為、最後に拭き取る必要があります。

拭き取るのも面倒なのでオススメは入浴時にジェルキングをおこなうと良いでしょう。

ペニス牽引法

ペニス牽引法はシンプルなチンコトレーニングです。

前述したミルキングとジェルキングは血液を増大させたい部分に集めるのを目的としていましたが、ペニス牽引法はそのような目的とは大きく違い、牽引により長さをアップさせるのを目的としていますね。

首長族が専用の器具を付け本当に首が長くなっているのを写真等で見た人も多いでしょう。

あれと同じ要領でチンコを牽引して伸ばしていきます。

■具体的な手順

  1. ペニスは平常時でも勃起させてもどっちでも良いです
  2. ペニスを片手で握り真っ直ぐに先端方向に30秒程牽引する
  3. 上方向に30秒程牽引する
  4. 下方向に30秒程牽引する
  5. 左方向に30秒程牽引する
  6. 右方向に30秒程牽引する
  7. 計5方向を1セットとし1日1~3セットおこなう

かなりシンプルな方法です。
注意点は強く引っ張ってしまい過ぎる事です。

強く引っ張るとペニス自体を傷付けてしまう恐れがありますからね。

ただし、自分の手で直に引っ張るので力加減は比較的簡単に行くのでそこまで心配する必要も無いでしょう。

こちらのペニス牽引法も毎日実践出来ますが、面倒な人は週に2~3回程度でもある程度の効果が期待出来ますよ。

ペニス増大クリーム

ペニス増大クリームは血行促進等の増大成分を含むクリームをペニスに直接塗り込み皮膚から吸収させ増大を促していく商品です。

パッと見の増大成分は増大サプリと同じですが、皮膚からの吸収に適した構成になっています。

配合している有効成分は商品によって様々ですが、増大クリームの中でも人気の『ヴォルスターリキッド』を例に見てみると下記の通りです。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • ボタニカルエキス
  • ダイヤモンド

シトルリンやアルギニンに関しては増大サプリにも主成分として含まれていますね。

血管拡張作用があるので勃起力強化、増大を直接サポートします。

ペニスの皮膚から直接吸収出来るので、サプリとは違ったアプローチが出来ますよ。

ただし、あくまで皮膚からの吸収では充分ではなく、経口にはかないません。

増大サプリとの併用により真の相乗効果を生みます。

オススメの使い方は、チンコトレーニングでチンコの血行が良くなった後に塗る事です。

ジェルキングでのジェルの代替えとして増大クリームを使用するのもかなり効果的です。

このような使い方はチンコトレーニングの効果も倍増されますよ。

スクワットその他トレーニング

ペニス増大には全身の毛細血管の血流促進が鍵となります。

また、ペニス付近の下半身の筋肉を鍛える事でペニスに血液を集めやすくなるのでこちらも効果的。

その2つのアプローチをトレーニングに取り込んでいきましょう。
オススメは下記のメニューです。

  • スクワット:20回1セット~3セット
  • 適度な有酸素運動:20分~60分

スクワットはペニスに近い下半身の筋肉を鍛えるのに非常に有効。

ランニングやサイクリングのようなトレーニングも下半身を無理なく鍛えられますし、有酸素運動なので身体中の血管の血行を良くする作用があります。

ただし、有酸素運動はやり過ぎると男性ホルモンの分泌を下げてしまうという研究結果もあるので、1度の有酸素運動は60分以内に留めておきましょう。

ペニス増大器具

ペニス増大器具も様々な物が販売されていますが、大きく分けて下記の2種類あります。

  • 牽引器具
  • ポンプ式器具

牽引器具はその名の通り、装着している間はペニスを引っ張る力を継続的に与える物です。

そして、ポンプ式器具に関しては専用のシリンダー(筒)をペニスに装着し、ポンプによってシリンダー内の空気を抜き結果的にペニスを引っ張る装置です。

共に現在ではネット通販等で1,000円~3,000円程度でも販売されるようになっており、試してみやすい価格になっていますね。

イタリアの大学の研究結果ではポンプ式の効果はあまり期待出来なく、牽引式であれば効果が期待出来るという結果も出ています。

器具を使う方法としては、けん引により伸長させる方法が最も効果的なことが分かった。実験対象者は計109人で、平均で1.8センチ伸びたという研究と、平常時で2.3センチ、勃起時で1.7センチ伸びたという研究があった。
引用リンク:AFP BB NEWS

増大器具は安価で様々な物が出回るようになった事で、一定数粗悪品も出てきています。

更に誤った使い方等をするとペニスを傷付け、最悪の場合細胞が壊死してしまうリスクもあるので、器具の選び方と使い方には充分に注意しましょう。

ペニス増大手術

ペニス増大手術は、ほぼ確実に誰でもペニスを大きく出来る手術です。
手術方法は大きく分けると下記の5つの方法があります。

手術式 費用 手術概要
亀頭増大法 5~20万程度 ヒアルロン酸等を亀頭に注入する薬剤により効果、持続期間等費用も変わります)
陰茎増大法 10~50万程度 ヒアルロン酸等を陰茎部に注入する(薬剤により効果、持続期間等費用も変わります)
長茎術(切らない) 15万程度 ペニスが繋がっている靭帯を引っ張り糸で固定する。切る長茎術に比べ伸ばせるサイズは短い
長茎術(切る) 30万程度 ペニスの付け根部分の上部を切開し、恥骨と繋がっている靭帯を剥離し引き伸ばしてから再固定する手術です。
埋没陰茎長茎手術 35万程度 肥満(気味も含め)の人を対象とし下腹部の脂肪を吸引する事で埋もれていたペニスを表に出し伸ばしたように見せる手術です。

太くするにはヒアルロン酸等の薬剤注入ですし、長くするには長茎術になります。

確実に大きく出来ると述べましたが、やはり少なからず手術の失敗リスクはあります。

考えられる主なリスクやデメリットとしては下記の通り。

  • 術後の合併症(炎症等)
  • 術後のペニスの違和感
  • 薬剤は体質に合わない可能性も有り最悪の場合壊疽した事例もある
  • 医師の技術不足による手術失敗
  • 費用が高額になりがち

少し大げさに書きましたがいずれも過去に一定数の事例があったものです。

ペニス増大手術は確実に即効性もあるチンコを大きく出来る方法ですが、リスクもある事は覚えておいて下さい。

ですから『チンコを大きくしたい!』という人がまず初めにチャレンジする方法では無いかなと思います。

まずは増大サプリやクリーム、チントレ等のリスクの少ない物を試してから、それでも変化が無ければ最終手段として『増大手術』を選択肢に入れる!というスタンスがオススメです。

ペニス増大サプリのよくある質問疑問に回答していきます!

ペニス増大サプリは一回も飲んだ事のない人は疑問や不安が多いと思います。

実際に評判の良くない意見もネット上では見受けられますからね。

ここではよくある質問疑問に回答していく形でまとめてみたので購入前にぜひご覧下さい。

  • 増大サプリに効果無し!って聞いたのだけど本当?
  • 指定量より多く飲めば効果は高まるの?
  • 増大サプリに副作用は無いの?
  • Amazonや楽天で買うのが得なんですか?

質問:増大サプリに効果無し!って聞いたのだけど本当?

回答:粗悪な増大サプリとその広告が出回っているからです。

誇大広告が出回っているのも良くないですねー。飲んですぐに『5センチアップ!』なんていうのは、さすがにありえません。

増大サプリで大きく出来る寸法は『1~4センチ』程度です。
*体質等の個人差を考えてこの数値にしています。

あとは飲んですぐ効くと思って服用を1ヶ月以内で辞めちゃった人が増大サプリの効果が無い!と言っているケースも多いですね。

1ヶ月未満の服用では、あまり増大効果を実感出来ずに終わるでしょう。最低3ヶ月程度は継続して結果をジャッジしてみるのをオススメします。

質問:指定量より多く飲めば効果は高まるの?

回答:一度に吸収出来る量は限られているので意味がありません。

身体に一度に吸収出来る量は決まっているので、それ以上摂取しても意味が無いばかりか、成分によっては過剰摂取により健康被害が起こる事があります。

それぞれのメーカーもそれをわかっていた上での『推奨摂取量』を指定しているのできちんと守って下さい。

推奨摂取量が例えば1日『3~6カプセル』のような指定があれば、もちろん6カプセル飲んでも構いません。

質問:増大サプリに副作用は無いの?

回答:あくまで栄養補助食品なので副作用は無いです。

医薬品ではないので副作用があってはならない事になっています。

前述もしましたが海外産の一部のサプリではコッソリと医薬品成分を含んだ物を販売していますので、それらは避けて日本国内生産のサプリの購入をオススメします。

また、日本国内生産のサプリでも過剰摂取する事で副作用のような症状が出る事があります。そちらも危険なので絶対にやめて下さい。

質問:Amazonや楽天で買うのが得なんですか?

回答:増大サプリに関しては多くの場合公式サイトの方が得です。

理由はいくつかありますが、例えばAmazonや楽天ではまとめ買いや定期購入に対応していない場合があります。

また、増大サプリの場合は公式通販のみでキャンペーンが充実している商品が多数あります。

2箱購入で+1箱プレゼント等のようにですね。
そして30日間の返金保障制度等も公式通販のみの対応となっています。

効果が無ければ返金して貰えるサービスなので、特に初めてその増大サプリを購入する場合には公式通販での注文が無難と言えます。

まとめ|当サイト管理人がオススメする増大サプリはコレ!

前述した通り、ペニス増大サプリは様々な物が販売されており玉石混交です。

失敗リスクを減らす選び方として下記の3つのチェックポイントも紹介していきました。

  • 配合成分をチェック!
  • 安全性をチェック!
  • 続けやすい価格かコスパをチェック

これらを踏まえ、当サイト管理人でもある私が自信を持ってオススメ出来るペニス増大サプリは『ヴォルスタービヨンドブラスト』です。

その理由は下記の通り。

  • 236種の有効成分とメインの増大成分の配合量が多い
  • 口コミ評価が高い点とレベルの高い日本国内工場での生産を実現
  • まとめ買いでの割引や返金保障が無期限なのが強み

客観的に見ると上記の理由が大きいです。私は特に実感力が他の増大サプリよりも上だったという事もお伝えしたいです。

とにかくまず増大サプリをどれにしようか迷っている人は選択肢の有力候補として見ていくべき商品だと言えますよ。

こちらの記事を読んで増大サプリを継続的に飲み続ける事、その他の増大クリームやチンコトレーニングと併用していくと更に相乗効果を生みますからオススメです。

短小ペニスのコンプレックスを克服して人生変えちゃいましょう。